凍てつきし我が青春の日々⑭

昭和19年12月30日(土)曇

今年最後の陸戦教練が行われたが、寒いので練兵場に午前中立っているのがなかなか辛い。午後の食事を炊水所へ取りに行ったが、時間が無かったので、余分の飯を貰わないで帰ったところ、飯の量が少ないと卑しいことを上等兵は言う。お蔭で三つも殴られた。こんな奴相手にしない。馬鹿者何を言っているのだ。詰まらない事をくどくど言い立てて、実際人間が小さい。小人だ。海軍と言う処はこんな処とは知らなかった。もっと親しみのあるところかと思っていた。厳正な軍紀の下に上下の融合が望ましいものだ。

昭和19年12月31日(日)曇

午前洗濯、手が切れる様に冷たい。本年最後の洗濯だ。

愈々昭和19年も暮れようとする。思い出多き年だった。一生忘れられない年と成るであろう。ああ19年も静かに暮れて行く。故郷や東京を偲んで寂しく暮を送る。家では正月の御馳走の用意で今夜楽しいことだろう。餅は有るのかなあ。家のお雑煮は美味しかった。もう一度食べてみたい。

昭和20年1月1日(月)曇時々晴

昭和19年も種々な思い出を残して終わり、昭和20年の元旦となった。昨夜は久し振りで定時に寝たので、夜が長く感じられた。

海軍で迎える正月は少しも正月らしくない。朝は雑煮であったが、湯をかけて柔らかくした餅が三つ入っていたが、少しも粘りけがなく、不味かった。寂しいものだ。

午前九時より遙拝式、御真影奉拝があったが、我々29分隊は一番最後であったので、待ち時間が長くて寒かった。

午食はどんな御馳走が出るかと思っておったが、期待が外れた。

午食後引率外出で市中に出たが、正月で店は休み、他に行くところも無いので、演芸館に入ったが、つまらなかった。5時半集合であったが、糧特の上等兵が時間迄帰らず、皆非常に迷惑を受けた。いくら待っても帰らない。何をしているのだろうか。皆どんなにか心配しておることも分からないで、何処をうろついているのだろうか。折角の正月も元旦からこんな事件が起きる様では不愉快だ。一月三日の祭日は外出禁止となることだろう。楽しみにしておるのだが、一人の不心得者のために、総員が迷惑することになる。

故郷の父母弟妹は正月で今日は楽しいことだろう。

凍てつきし我が青春の日々⑬

昭和19年12月24日(日)曇

相浦まで行軍、午前九時出発、途中眼鏡岩にて休憩、十二時相浦着、午食後解散、集合場所は集会所の前午前四時半までとのことのため、相浦より殆ど走るようにして佐世保に向かったが、足が痛くて、皆に付いて一緒に行くのが苦しかった。

二三日以来腹具合が悪い。夜温習後握り飯を食べたのが一層いけなかった。

昭和19年12月25日(月)大正天皇祭

朝食は食べなかった。腹を壊すとこんなにも苦しいものであろうか。

今日は遙拝式が行われる筈であったが、第二警戒配備となったために取りやめとなる。明日は金銭の臨時試験があるが、未だ手を付けていないので気になる。夜温習終了後遅くまで勉強しておった人も大分居ったが、寒いので寝てしまった。

昭和19年12月26日(火)曇

金銭の臨時考査が行われた。

昭和19年12月27日(水)曇

今日は需品の試験があった。明日は庶務の試験も行われる。庶務はどうも苦手だ。夜温習中教科書を読んだが、寒くて少しも頭に入らない。11時頃未だ大分多くの者は勉強していたが、自分は寝てしまった。

昭和19年12月28日(木)曇

午前庶務の試験があったが、昨日少しも調べていなかったので、やはり出来なかった。

しかし臨時試験も出来ないながら終わったので、安心して正月を迎えることが出来る。昨年の正月は未だ娑婆にいたので良かったが、今度は初めて軍隊で迎える元旦であるので、どんな風であろうか。

昭和19年12月29日(金)曇

定時六時半起床、吊り床を収めて外へ出ると未だ暗い。舎内の掃除当番であったので、駆け足はしなかった。

毎日どんよりと曇った天候が続いて、非常に寒い。佐世保も東京に劣らず寒い所だ。明日は陸戦があるが、寒いと苦手だ。せめて暖かい日になって呉れればよいが。

三時頃先日の事件のことで軍法会議に出る。

今日のバスは熱くてよく温まり気持ちが良かった。このまますぐ床に入って寝ることが出来るのだったら満点だが、娑婆と違ってそんなことは考えることも出来ない。

明後日は元旦だ。故郷では年越しの準備で忙しいことだろう。

東京に又27日敵機約50機の来襲が有ったとか、自由が丘近辺が一番気に掛かる。

凍てつきし我が青春の日々⑫

昭和19年12月22日(金)曇時々晴

昨夜は暖かいと思っておったら、夜中に雨が降って来た。御陰で今朝は駆け足がなうて済んだのには助かった。

次第に実務等の講習が多くなって来て、忙しくなる。来週は臨時試験があるが、庶務には一寸閉口する。学生時代は冬でも暖かくして勉強出来たので良かったが、今は寒い所で振るえながら勉強するので、よく頭に入らない。

今日は昨日迄と較べると割合に暖かくて良かった。

海軍に入った当初は食器一杯の飯を食べることが出来なかったが、今は却って量が少なく思われ、夜中腹が減って困る。東京にいた頃は間食していたので、食事も少しで満足しておったが、現在は飯の外は何も食べる物がないので、余計に腹がへるのだろう。

近頃はよくこんな事を考える。もし娑婆にでたら、最も理想的に生活しようと思う。軍隊で体験した事を社会で応用して見よう等と軽い空想に耽ることがある。娑婆(海軍では軍隊の外の世界を娑婆と言う)で苦しい事、辛い事は現在置かれている境遇を考えると、大した事ではない。厳しい軍紀の下、全ての個人の自由は完全に束縛されているのであるから。自分が海軍に入ったのは、天が与えた試練あると思いたい。

昭和19年12月23日(土)曇

暖まっている毛布の中より、総員起こしの少し前に出て、毛布の整頓を行うのは寒くて辛い。今朝も少し暖かいので、駆け足の時には汗が出た程であった。

朝食後クラス長の洗面を用意しなかったと言う理由で兵長と上等兵に殴られたが、我々は下士官の私兵ではない。我々は国のお召しに応じて、国に命を捧げる為に海軍に入って来たのである。下士官の私用を務めるために来たのではないのだ。その点、我々の最もよき理解者東条大尉(針尾海兵団当時の分隊長)が懐かしい。

今日は庶務の講義が無くてよかった。聞いている内に眠くなるのには弱る。

会社(萱場製作所)は今頃は忙しいだろう。あの頃一緒に働いていた同僚はどうしているかなあ。会社に勤めている時は、嫌であったが、今では寧ろ懐かしさと親しみを感じる。昨年の今頃はよく夜遅くまで居残って働いていたが、それも今考えるとなかなか楽しい物であった。三木君も弥永君、鎌田君も今は軍隊に入っておるが、如何しておることだろうか。

昭和19年も愈々暮れようとしておる。六ヶ月以前の生活と現在の軍隊生活とを比較して見るとき、その変化の激しさ甚だしいこと全く想像もしてみなかったのだ。会社に居る頃はよく働いたと思う。自分の仕事が直接前線で活躍する航空機の製作に役だっておると考えるとき、張り合いがあった。しかし今はどんなであろうか。大して身体も強くないし、第一戦に於いて対敵行動をとることが出来るだろうか。軍隊で奉公するのと、娑婆で生産に従事するのとどちらが国の為になるのであろうかと一寸軽い疑いを感じることがある。しかし国が必要としたから、自分の仕事も捨てて、応召したのであると言うことを考え、兵隊として国のため尽くさなければならない。たとえ身体は丈夫でなくとも、精神力でやりぬいて行く。頑張るのだ。

凍てつきし我が青春の日々⑪

昭和19年12月18日(月)曇(父より来信)

経特には最近種々な事件が起こって困る。各自が緊張しなければならない。

父より手紙が来たが、家も粕屋郡古賀の方へ移った由、田舎へ行ってその生活その他不自由を感じている様である。

先日の被害届の様式が違っておったので、夜書き直したが、なかなか字が上手く書けないで困る。

昭和19年12月19日(火)曇寒し

朝先日の事件について、法務官より色々と当時の状況を調べられていたところ、第二警戒配備となり、続いて警戒警報、空襲警報となり、午前11時半頃まで解除とならなかった。幸い佐世保には敵機は来なかった。夕方再び第二警戒配備となる。暫くして解除となり、バス(風呂のこと)に入ったが、湯がよく沸いていないので、寒くて上がれない。バスに入ってすぐ寝ることが出来るのであったら、暖かい内に寝付くことが出来るが、相当時間温習(自習)してからでないと、寝られないので、足の先が冷えてなかなか眠られない。

昭和19年12月20日(水)曇寒し

総員起こしと共に練兵場に行き、例日のとおり駆け足で三周したが、近頃は六時半になっても、未だ薄暗い。冷たい風が吹いて来て、丁度東京の乾風を思い出す。

講義中の寒いこと全く話にならない。この頃は何処へも便りを出さず、無沙汰しているが、暇を見つけて手紙を出さなければならない。寒いとペンを執って字を書く気にもならない。

愈々今年も十日余りで終わる。昭和20年の元旦は佐世保海兵団で寂しく送ることになる。これも国の為だから仕方がないだろう。とにかく張り切った気持ちでこの冬は過ごさねばならない。

今年は一般に早く寒さがやって来たようだ。時々雪がちらついて、振るえ上がりそうだ。海軍は冬でも白い事業服と短い袖の冬シャツだけだから、一層寒いのである。夜の温習中冷えるのは一番苦手だ。最も悪い時期に講習を受けるのだ。机に向かっていても、何も頭に入らない。学生時代「コタツ」に入って、試験勉強しておった頃が非常に懐かしい。あの頃は、自由が丘の下宿でいたりつくせりの待遇を受けて過ごしておったが、今考えると勿体ない様である。しかし今は海軍軍人である。軍人らしく、

過去に未練を持たず、さっぱりした気持ちになり切って、勤めて行こう。

昭和19年12月21日(木)曇

暫く眠ったかと思うと、はや総員起こしの号令が掛かる。いい気持ちで暖まっている吊床から出るのが勿体ない様である。本当に朝になるのが早い。少ししか寝ていない様な気がする。こんな風で、最近は特に月日が経つのが早い。ぐんぐん経って行く。

今日は防空特別訓練日で、正午過ぎから演習開始、夕別課迄に終了す。

バス(風呂)に入ったが、最初はぬるくて、バスの中で振るえておったが、次第に沸いてきて、いい気持ちになり、身体は少しも洗わず、湯に浸かってばかりして、よく暖まって上がったので非常に気持ちが良い。このまま寝ることが出来るのだったら申し分がないが、午後9時15分まで温習をしなければならないので、なかなか辛い。然し立派な掌経理兵となるためには、一生懸命努力して、人に負けない様にしなければならない。もう講習も一カ月半は過ぎた。あと半分の期間である。しっかり頑張って行かなければならない。

凍てつきし我が青春の日々⑩

 

昭和19年12月14日(木)曇

今朝起きると珍しく晴れている。今日は暖かくなるなあと期待しておったところ、一日中どんよりとした寒い日であった。

海軍に入って何よりの楽しみは、寝ることと食べることのみになってしまい、我ながら情けない。娑婆にいる頃は一人のインテリとして自他共に認められ、自分の人格も認められておったが、軍隊に入ると、最下級者として上級者の私用までしなければならなくなった。これも自分の人格修養の一助と思い、諦めるほかない。

昭和19年12月15日(金)雨後曇

近頃は夜寝たかと思うと、すぐ朝となり、日時は経つのが非常に早く思われる。

今朝は雨が降っていた。なかなか寒い。風邪が治らないし、鼻水が出て困る。講義中は足が冷えて困る。こんな時は暖かい所へ行きたくなる。

昭和19年12月16日(土)曇時々雪(喜久子より来信)

今朝もなかなか寒い。午前は陸戦だった。雪混じりの冷たい風の中で執銃教練、指先の感覚が無くなり、冷たかった。教練開始前の銃を担いでの練兵場の駆け足には倒れそうに苦しかった。

昨日分隊士に呼ばれて、先日の被害届と仮受証を書く様に言われておったので、夜持って行った。時計と財布が戻って来るのではないかと期待する。

夜の温習後、経特講習員の一人が講習日誌に、自分の利己的感を書いておったので、それが伍長及び教員を怒らせ、その本人は相当制裁されたが、それが総員にも及び、下士官の説教後総員殴られた。この所悪いことばかり続く。こんな不愉快な日々を送る様では駄目だ。当初の熱意を最後まで持ち続けようではないか。

昭和19年12月17日(日)曇

昨夜寝るのが遅かった故か、今朝は総員起こし五分前まで目覚めなかったので、吊床を括るのに非常に慌てた。起床後直ちに大掃除、朝食、その後は休業だ。洗濯をしたが、水が冷たくてなかなか落ちない。

二時半頃総員整列が掛かる。未検閲私信の発信を面会人を通じて頼んだことが、団門に於いて露見し、その為我々総員も海軍精神注入棒と言う棒(直径五センチ位)で尻を三つ殴られた。生まれて初めてのことであったので、呼吸が出来ない程であった。

昨日今日とこの頃はどうしてこんなに種々なる事件が発生するのであろうか。未だ講習も半分終わった位だ。これから先、教官、教員に迷惑を掛けない様に自重しよう。たとえ口ではどんなに旨いことを言っても、それが実行に移せない様では何の役にも立たない。不言実行だ。熱意を以て我々は講習に臨まねばならない。講習も戦務の一端あると言うことをよく考えて、明日からもっと励んで行こう。以後講習員中から何の間違いも起こらないことを望んで止まない。

凍てつきし我が青春の日々⑨

昭和19年12月11日(月)曇

昨日の入湯外出の者が今朝帰って来るので、少し早めに起きて団門に行き、再び首実検をする。帰団者が多くて、加うるに印象が段々薄れて行くので、発見することができなかった。朝食後先任衛兵伍長と共に、各分隊を廻って調べたが、全然不明である。もし犯人を発見出来なかったら、どの様に分隊士、教員その他に迷惑を掛けたことを詫びようか。

一時先任衛兵伍長室で休んでいたところ、犯人が分かったと言う知らせがあった。それは昨晩疑わしき者として、二人を指定しておいたが、その内の一人であったのだ。余り人を疑うのはどうかと思って、彼が犯人であるとは断定出来なかったのだ。しかし種々取り調べの結果、彼が自白に及んだそうである。

犯人を発見できて本当に良かった。午食の時、衛兵司令が来て、もう一度彼を見てくれとの事だったので、行って見たが、確かにそうであった。

昭和19年12月12日(火)曇やや暖

いよいよ本年も去らんとする時、懐中に一銭もなく、心細い限りである。何とかして家に連絡して送って貰いたいものだ。

最近は何処からも便りが来ない。淋しい限りである。もっとも自分も近頃は全然手紙を書かないので、便りが来ないのも無理は無い。

故郷の家が田舎に移転すると言っていたが、もう引っ越しただろうか。

先日の空襲で東京は如何になったであろうか。特に自由ヶ丘(下宿していた所)のあたりが気に掛かる。皆無事であることを祈るのみ。下宿の小母さんには満二年間親身も及ばぬ御世話になり、その御恩は何時までも忘れはしない。

昭和19年12月13日(水)曇小雨

益々寒さも加わって来る。近頃はよく家に帰った夢を見る。昨晩もそうであった。

今日は大した感想も記事もない。

夕食後バスに入ったが、身体は洗わず、じっと湯に浸かって温まるだけにしたので、身体がポカポカして気持ち良い。

先日市中で時計と財布を盗んだ犯人は見つかったが、現品が見つかると良いのだが。特に時計が惜しくてならない。

凍てつきし我が青春の日々⑧

昭和19年12月9日(土)曇時々雪

午前四時半総員起こし、五時より第二警戒配備となる。午前の陸戦は庶務と金銭に変更。正午第三配備となる。

今朝は早く起きた故か、座学の時間は眠くてどうにもならなかった。今日は食事当番であったが、大の配食鍋が無くなっておったので、苦労した。

明日の日曜日は行軍だそうだが、何処まで行くのか不明なり。本日は大した記事も感想もなし。

昭和19年12月10日(日)曇

引率外出、九時出発、海軍墓地参拝の後解散。

本日は自分の一世一代大失敗をした日だ。余りにも自分がうっかりしておった事に情けなく思う。今更泣言を言っても無駄だと思うが、二度と繰返さないため、誌しておく。

海軍墓地参拝後解散、自由行動となつたため、其の場でご昼食を取り、川原一水と市中の方へ行ったが、川原一水は親戚の家へ行くと言ったので佐世保駅の手前で別れた。これが今日の失敗の原因となったのだ。

午後一時四十分頃映画でも見ようと思って、映画館の前を歩いていたところ。艦の者と称する上等兵は自分を呼び止めて、お前は何分隊かと聞いたので、29分隊だと答えたところ、今日集会所の前でお前達と同じ服装をした者から下士官が財布と時計を取られたから、お前の財布を見せてくれと言うので、自分は集会所には行かないし、盗んだ覚えは無く、潔白だったので、これは確かに自分の物だ。良く見てくれと言ったところ、下士官が待っておるから、それに見せて確かにお前の物なら返すと言って、千日食堂の中に連れて行かれ、ここで時計と財布(50円在中)を渡せと言われたので、相手が上等兵であったので、仕方なしに渡した。そうしてお前はそこで待っておれと言って、走り出したので、不安に思って後を追ったが、曲がり角で見失ってしまった。しまったと思ったが、もう遅かった。全て後のまつりだ。奴は最初から計画的にやったのだ。時計も財布も大事な品だった。財布は母の形見だ。時計は入学記念の品だ。もう返って来ない。諦めるより仕方がない。大事な物を畜生、奪い取った奴は罰が当たるぞ。全く悲観する。

泣き寝入りとは何たることだ。もう一銭も無くなってしまった。どうしたら良いかなあ。クラス長に届けたところ、クラス長より教員、教員より分隊士、分隊士より先任護衛伍長、副直将校、当直将校へ届けられた。

団門に於いて三種軍装を着た上等兵を一人一人首実験したが、外出員が多くて、どの顔も同じ様に見えて、遂に発見する事が出来なかった。ああ今日は不愉快な日だった。軍人が何ら恥じるところなく人の物を取るとはもっての外だ。男らしく諦め様う。以後注意すべきことよ。よい教訓になつた。又自分の不注意のため皆に迷惑を掛けて全く申し訳ない。何と言って皆に詫びてよいのだろうか。

夜の温習止めの後、分隊付の助手より呼び出され、「外出中の不注意による事件を団内に持ち込んで、皆に迷惑を掛ける様ではお前は軍人精神が無い。特に教員を自分の私用に使うとは何事だ」と言ってギヤ庫で目茶苦茶に殴られた。海軍に入って以来こんなに殴られたのは初めての事であった。むしゃくしゃしていた気分が一遍で吹き飛んだような気がした。しかしさすが悔しかった。財布と時計を取られた上に、殴られて何とも言えぬ気持ちがした。自分は何と言う馬鹿であろう。余りにも人が良すぎる。今後はかかる事の無い様に気を付けよう。