スナック鳥男を教えてくれた男

幸せなことに親友と呼べる人がいる。学生の時のバイト先で知り合った人だ。
漫画と音楽の趣味が近く、私の知らなかったものをたくさん教えてくれた。気配りのできる優しい人だった。仲良くなるきっかけはそれで十分だったのに、好きな人と苦手な人のタイプも同じで話が尽きることはなかった。

在学中にそのバイト先が潰れることが決まった。最終出勤日に店の外の非常階段でお別れの話をした。「使い方は間違ってるけど目に入れても痛くない存在だった。寂しいね。」と私は伝えた気がする。彼も「使い方間違ってるけど目を超えてむしろ俺の瞼だから」と言ってくれた時はとても嬉しかった。意味わかんない。
すごくすごく仲がよかったけど彼に恋愛感情はなかった。お互い恋人がいたし、なによりこのままの関係が一番居心地がいいとお互いわかっていた。クイックジャパンの宇垣アナの連載で親しかった先輩への手紙で「抵抗がありながらも、それでもつながっていたいと願う友情は恋愛関係なんかよりもずっとずっと価値があるもののような気がします」がすごく響いたのは彼がいたからだと思っている。尊い。「抵抗」の意味合いは宇垣アナと違うと思うが、すごく共感した。

バイト先がなくなっても数ヶ月に一度は会って近状を伝えていた。家がゴタゴタしていた時も話をしっかり聞いてくれた上でいつも笑い飛ばしてくれた。救われた。私も人に対してこうありたいと思った。
本人は覚えていないと思うが「30になってお互い恋人いなかったら結婚するか〜ワハハ。」なんて冗談を言われたこともあった。これ漫画とかで見たことあるやつだ。自分なんかにありがたいこと言ってくれるな。あーなんか暮らせそうと思ったりもしたけど、そうらならないだろうという直感があった。

私の結婚が決まった時も喜んでくれた。同時に他県に嫁ぐことも残念がってくれた。
離れた場所にいてもラインでの連絡はほとんど取らなかった。会った時に言葉で目一杯伝えるためだった。
実家に帰る数日前に会えるか聞けばいつでも空けてくれた。いつもと同じようにくだらない話から人にはなかなか言えないような毒もネガティブなこともたくさん話した。その日のその日の別れの名残惜しさより、心ゆくまで喋らせてくれて帰りの足はいつも軽かった。会う前はいつも本当に楽しみだった。

年末に久々に彼に会った。彼は近々実家に帰ることになったという。私の実家からは離れた他県だった。その時に彼の実家の事情がかなり複雑だったことを聞いた。わたしよりずっとずっと大変な事情を抱えていた。なかなか神奈川に遊びに来ることは出来ないそうだ。会うのが難しくなる。彼が遠くに行ってしまうよりも実家の事情のほうにショックが隠せなかった。
だが同時に嬉しいお知らせも聞いた。約10年ぶりに彼女ができたという。
不安定な生活を送っていた人だから心底安心した。もう付き合うまでの過程がめんどくさくて彼女いらんとまで言っていたのに、地に足つかずフワッフワしていた。しかも彼女は死ぬほど可愛かった。
心配させないように、後から浮いた話を持ってきてくれて彼の配慮を感じた。

その日話の流れでわたしのことを「親友」と表現してくれたことがあった。友達とはまた違うシンパシーを感じていたのはわたしだけじゃなかった。彼もそう思ってくれたのは知っていたけど、直接伝えてくれたのは瞼発言以来だ。嬉しかった。

このブログのURLを彼に伝えたかもう覚えていない。彼はツイッターもしていないからきっとここを見ることはないだろう。

この感謝の気持ちをどうやって伝えよう。自分の本当の気持ちを人に伝える時いつも涙が出ちゃうから躊躇しちゃうな。本当のありがとうはありがとうじゃ足りないんだはこのことだと思っている。
どうかどうか今後も幸せであってほしい。

凍てつきし我が青春の日々㉔

昭和20年3月31日

今までの元の九兵舎に居住していたが、次期経理術講習が4月2日より始まるので本日追い出されることになった。

昭和20年4月3日

午前福石の軍需部倉庫へ寝台運搬の作業に行く。午後帰ると、東京警備隊へ転属命令が来ていた。全く感無量だ。

昭和20年4月4日

午食後、思いで多き佐世保海兵団を退団、午後六時過ぎの列車にて東京に向け出発す。博多に夜十一時頃着き、ここで東京行きの午前四時四十五分の列車に乗り換えることになったため、四時間余り時間があったので、元住んでいた住吉の家(川添一家が今住んでいる)へ行った。和子未だ古賀ではなく、住吉にいると聞いていたので、和子にも逢えると思ったが、生憎古賀の家に行っており、逢えず残念であった。川添のお祖母さんがわざわざ早い朝食の支度をして、二食分の白米の弁当まで作って頂いた。

昭和20年4月6日

二度と東京の土を踏むことは無いと思っていた東京に午後三時頃着く。直ちに日比谷にある海軍東京警備隊へ行き、ここから永田町国民学校にある派遣隊

配属された。我々は海軍省勤務となる予定である。

昭和20年4月18日

目黒区大岡山の東京工業大学内にある海軍省第三分室経理局家族渡へ配置が決まり、大岡山へ移った。

昭和20年4月28日

今日は東京に帰って来てから初めての外出である。自由が丘の元の下宿を訪ねたところ、4月15日の空襲により焼失していた。中根町の方に行ったところ、岡田の小母さんの元気な姿を見ることが出来て安心した。

昭和20年5月1日

海軍上等主計兵に進級する。

昭和20年5月23日

東京へ出て今夜で三度目の大きな空襲だった。遂に宿舎にも焼夷弾が落下し、焼失した。私物もすべて焼けてしまい、残ったものは着ているものだけとなった。この日記を書いている手帳はいつも肌身離さず身につけていたので焼けずに済んだ。

昭和20年8月26日

8月15日戦争終結、同日付にて海軍主計兵長に進級し、退職金600円を受領して除隊する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上で祖父の日記はおしまいです。

このあと28人の方からの寄せ書きと針尾海兵団々歌の歌詞が綴られていました。

 

最後まで読んでくださった皆様ありがとうございました。

 

現在来年の文学フリマでこの日記を一冊の本にまとめたものを出そうと考え中です。

 

 

凍てつきし我が青春の日々㉓

昭和20年2月1日(木)曇後雨

正月も何時の間にか過ぎて二月となった。講習も殆ど終了し、明日の試験が終われば小浜ほうめんへ演習に行き、後は卒業するばかりである。

今朝は曇っていたが、暖かく感じた。しかしすぐその後冷えて来る。未だ冬去らず

観だ。寒くなってから久し振りに雨が降った。明日は庶務と需品の試験があるので、皆遅く迄勉強していたが、何もかも嫌になって、早く寝てしまった。

昭和20年2月2日(金)曇

昨日の雨で道がぬかるんでおり、朝別科の整列は舎内で行われた。

八時より庶務の試験が十二時過ぎまで行われたが、勉強不足のため出来はよくなかった。

午後は需品の試験があり、今日で卒業考査も全部終わってしまった。明日は野外演習だ。

昭和20年2月3日(土)

相浦方面へ野外演習に行く。昼は目的地に於いて野外烹炊の薩摩汁をすすって、元気をつける。

昭和20年2月4日(日)

明日より小浜方面へ演習に行くので、その準備をする。

昭和20年2月5日(月)

午前四時三十分起床、冷たくなった飯をかきこんで食べ、出発用意、六時過ぎの軍用列車にて諫早向かう。諫早より愛野まで冷たい風の中をトラックにて行軍。

愛野より演習開始、三時半頃小浜温泉に到着。宿舎吉田屋に入り、久し振りにて温泉に入り、ゆったりした気分になる。

夕食は茶碗で食べる。海軍の大きなアルミ食器と違い、少しづつよそって食べる茶碗の飯の味は亦格別だ。昔を思い出し懐かしい。五杯も食べたが、未だ食べ足りない様な気がする。夕食後十時まで自由外出が許され、仲間六名と一緒に近くの農家へ行き、薩摩芋を御馳走になる。針尾以来の芋であるので旨かった。未だ足りないと言うので、別の農家へ行き、無理に頼んで芋を蒸して貰ったが、腹が一杯であまり食べられなかった。九時半頃帰り、温泉に入ってから床につく。入団以来初めての「布団」であったので、非常に懐かしく、嬉しく思った。

昭和20年2月6日(火)

七時起床、疲れておったためか、昨夜はよく眠れた。二度と再び「布団」に寝ることは無いと思うと「布団」から出るのが辛かった。

朝食後八時三十分出発、小浜の郊外に於いて演習し、その後は通常行軍にて愛野へ向かい、ここよりトラックに乗って諫早へ行き、ここで一時間以上も時間があり、一時解散となり、四時過ぎの列車にて佐世保に向かい、六時半頃帰団した。

昭和20年2月10日(土)

三ヶ月の講習もやっと終わり、掌経理兵となり、主計科に転科した。兵籍番号も佐二補主第1128号に変更になった。貰えないと思い、諦めていた特技賞もどうにか左腕に付けることが出来た。一番寒い時期に講習を受けたので、殆ど不勉強に終わってしまったことは残念であった。が、どうやら卒業は出来た。今後は一生懸命頑張って、立派な掌経理兵として努力しようと思う。

午後九兵舎の階上にて壮行会が催され、心づくしの赤飯で祝った。

昭和20年2月14日(水)

佐世保警備隊給与係として我々講習員十名が派遣されることになった。

凍てつきし我が青春の日々㉒

昭和20年1月28日(日)晴

総員起こしと同時に大掃除。昨日で寒稽古も終わり、今日は日曜日だ。午前は双葉山一行の相撲興行が練兵場で行われた。元来相撲はあまり好きではなく、少しも興味もなく、見ておっても寒いばかりで、面白くなった。お陰で午食が大分遅れた。

午食後引率外出が許されて外出したが、二時ごろであったので、時間が少なく、映画を見る暇も無い。四時十五分集合となり帰った。

昭和20年1月29日(月)晴

この二三日は珍しく暖かい天気が続く。今朝の駆け足の辛かったことは話にならない。愈々卒業試験も近付いた。平常怠けていたので、特技賞は貰えないかもしれない。

昭和20年1月30日(火)晴

今朝は腹が急に痛み出して、練兵場まで走って行くのが苦しかった。一日中絶食したが、さすがに腹に力が入らず、ふらふらした。食事の飯は麦の量が多くて固く、しかもよく噛まないで大急ぎでかきこむので、すぐ腹を壊すのだろう。

明日は金銭の試験があるが、早く寝ることにする。寒いと寝るのが一番の楽しみだが、夜中に数回便所に起きるのには参る。

昭和20年1月31日(水)晴時々曇

この頃暖かい日が続くと助かる。春近しの観がするが、二月は未だ相当寒いことであろう。

早いものでもう講習に来てから三ヶ月が経過し、今日から卒業試験が始まった。午前金銭、午後珠算の試験があった。

比島上陸の敵は愈々その勢力を増大してマニラに向かいつつある。今後のじょうせいはどうなることだろうか。欧州に於いてはドイツも赤軍にベルリン30数里の地点に迫られ、東西共不利な状態である。

昨年六月入団して今日で丁度満八ヶ月が経過した。海軍に入り兵隊として成っていると言うことが、未だ夢の様に思える。ここ佐世保海兵団に来て、相当殴られもした。辛い事も多かった。が、もう三ヶ月が経ったのだ。娑婆で余りにも楽な生活をしていたので、こんなにも軍隊生活が苦しく思えるのだろうか。

凍てつきし我が青春の日々㉑

昭和20年1月20日(土)曇

昨夜は腹が痛くなって、よく眠れなかった。朝の駆け足は止めようかとも思ったが、我慢して走った。今朝の駆け足は割に楽であったが、坂道を登る時は苦しくて、息が止まりそうである。

事業服が汚れているので洗濯しなければならないが、寒いのと、時間が無いので今日も出来なかった。

今日の食卓番も無事終わる事ができて安心した。

寒さも未だ続く。寒くても昼間は眠くなる。実務が滞って困る。

昭和20年1月21日(日)曇

夜半から腹が傷み出して、朝の駆け足は出来ないかとも思ったが、やはり走った。佐世保駅まで走ったところで、我慢できず駅の便所に駆け込んだ。今日の駆け足は本当に苦しかった。

午前大掃除、洗濯をした。午後引率外出、行くところも無いので、映画館に入ったが、時間が気になって、全部見ないで途中で出た。

上等兵一等兵を全員集めて制裁を加えた。

連日の疲れから夜はよく眠れる。

昭和20年1月22日(月)曇

寒さも峠を越したとは言うものの、未だ未だかなり寒さである。朝の駆け足は危く落伍しそうであった。腹具合は大分良くなった。明日は食事は控え目にしよう。

昭和20年1月23日(火)曇

時計が五時を報じるともう落ち着いて眠れない。僅かの間うとうとしていおるのもいい気持ちである。

愈々講習もあと二旬を残すのみとなった。三ヶ月も過ぎてしまえば短いものである。冬と言う季節の講習で、時期が悪かったので、夜の温習には身が入らず、今となって自分の不勉強が後悔される。

今年になってからは未だ何処にも便りを出さないが、家でも心配していることだろう。生来の筆不精がなせる業だ。努めて便りはしなければならない。

凍てつきし我が青春の日々⑳

昭和20年1月14日(日)曇

思い掛けもなく引率外出が許された。握り飯四つの弁当を携えて、午前九時半出発、八幡神社に於いて解散。松本一水と行動を共にし、先ず集会所ね行き菓子を買うため、長い行列の後についたが、遂に自分の番まで来ない内に売り切れてきまった。残念だ。せっかく並んだのに惜しいことをした。映画でも見ようと思ったが、二時より又菓子を売るとか、もう一度並んでみようと思い、映画館には入らず、あちらこちら歩き廻り、オリンピックで「パンランチ」を二人前食べた。入団以来初めてのパンであったので旨かった。二時前に集会所へ行って一時間ばかり並んだが、やはり売り切れとなった。仕方がないので外へ出て、暫く歩き廻ったが、集合時間も近づいたので、集会所へ引き返したところ、蜜柑を売っておったので列に並んだところ、今度はどうやら買うことが出来た。午後四時集合、事故も無く皆帰って来た。

夕食後バスに入る。余り早く入浴したので湯冷めしていけない。昨日今日と食べすぎて胃の調子が悪い。

昭和20年1月15日(月)曇

今日から団内寒稽古が始まる。六時起床、福石観音まで駆け足である。未だ明け切らない朝、佐世保駅前を走って行く。相当の寒さであるが、一生懸命なので寒さも感じない。帰って来た時にはビッショリ汗がにじみ出て、後から寒い。寒稽古が始まったら又急に寒さが加わった様だ。春を待つ気持ちで一杯だ。

昭和20年1がつ16日(火)雪

六時起床、未だ暗い。ほんの30分早く起きるのであるが、温まった吊り床から出るのが辛い。脚はんを着けて外へ出ると、雪が降っている。手が物凄く冷たい。いや寧ろ痛いと言った感じである。昨日と同じく駆け足。今日は歩調が早く、ついて行くのがやっとで、今にも落伍しそうであった。

今日は一日中雪が降ったり止んだりして、寒かった。修身の時間は「困難を克服しよう」と言うところであったが、全くそうである。下級兵として我々の立場は耐え難い程辛い。しかしこの辛さを我慢して行く事が人間修養となるのだ。困難を克服して万全を尽くさなければならない。

昭和20年1月17日(水)曇 雪 降雪

夜中に便所に起きたところ、真白く雪が積もっている。本年初めての雪景色である。

今朝は降りしきる雪の中を八幡神社まで駆け足だった。近いので割合楽であった。しかし風邪を引いているので咳が出て、呼吸が苦しいのには困る。

講義中眠くて自然と机に頭が下がる。睡魔を払いのけるのに苦労する。毎日の睡眠不足の故だろう。講習期間も愈々残り少なくなって来た。早く卒業してしまいたい。

夕食後バスに入る。入浴中が一番良い。誰にも気を使う必要も無く、全く自分一人の時間である。身体が温まっても、湯船を出るのが惜しい気がする。

今日は食卓番であったが、大体無事に終えることが出来たのでほっとした。

昭和20年1月18日(木)曇 雪

寒いのみで、記事、所感なし。相変わらず朝の駆け足は辛い。

昭和20年1月19日(金)曇 雪

近頃は水が凍っている。寒さが身にしみる。朝の駆け足は汗が出て身体が温まるが、後が濡れているので寒くなる。

寝ている時が一番良い。楽しい夢を見ておる時は幸せだが、途中で便所に起きるのは困る。講習期間も残り少なくなって来たが、卒業前には小浜温泉へ演習に行くそうだ。楽しみである。毎度のことながら夜の温習時間は苦手だ。早く寝たいものだ。

凍てつきし我が青春の日々⑲

昭和20年1月9日(火)晴

段下のデッキより第五班の者が、我々の居住区である段上に移って来たので、昨晩は通路に吊り床を吊ることになったが、ここには踏み台にしていたテーブルもなく、ホックまで高く、吊り床の吊り輪を掛けるのに苦労したが、今朝の総員起こし後の吊り床の収めの時も足場がなくて困った。

今日は珍しく晴れて来て、風が当たらない処は割合暖かであむた。

夕食は米飯でなく「汁粉」の代用食で、小さい餅が一つ入っているだけだあり、腹が空いた。甘い汁粉ならまだしも、大して甘くないので汁粉とは言えない。

元旦の離職者(逃亡者)が本日禁足20日となり、講習員を免ぜられる。馬鹿な奴だ。彼一人の損でらなく、29分隊全員に迷惑を掛けること甚だしい。お陰で上陸出来る休日も外出止めではないか。講習もあと一ヶ月となった。益々寒くなるが、僅かの間だ。辛抱しよう。しかし風邪が酷くなって咳が出るのには困る。

昭和20年1月10日(水)晴

昨日今日は珍しく晴れた日だ。軟らかい太陽の光を身に受けて気持ちが良い。毎日こんな天気が続けば文句はないのだが、いつもはどんよりと曇った日ばかりだ。

夕食後防空特別訓練が行われた。その後バスに入ったが、熱く沸いておったので気持ちが良い。入浴が一番の楽しみである。

温習後総員整列が掛かり、下士官より文句を言われ総員殴られた。

諸例則の差し替えをするため12時過ぎまで起きていたが、眠くて能率が上がらないし、止めて寝た。

昭和20年1月11日(木)曇時々晴

昨晩は咳が出て頭が痛くよく眠れなかった。今日は食事当番、この当番が回って来ると嫌になる。今朝も飯の量が少ないと言って五つも殴られた。

比島ルソン島に敵上陸とか。いよいよ敵は近づいて来た。この戦争も比島の勝負で雌雄が決する事になろう。

朝の金銭の時間は眠くて目を開けておるのが、やっとであった。今日も諸例則の差し替えが沢山残っているので、早く休まらないので憂鬱だ。

煙草の手持ちが少なくなって来たので、非常に心細い。もう配給があってもよい頃だが。

昭和20年1月13日(土)曇

大野ヶ原へ野外演習に行く。往路は中隊の警戒行軍、目的地に到着して戦闘教練となり、行軍は楽なものであった。昼は野外烹炊で、腹一杯食べた。食事の後演芸会が催され、腹を減らす為に笑いの一時を過ごした。

愈々帰りが最も苦手な駆け足だ。敗走する敵に対する急追撃戦である。銃を持っておるので早く走れない。苦しい。しかし夢中で走った。汗びっしょりとなった。やっとのこた、皆について行く事が出来、集会所の前で突撃を突撃を行って終了したが、大野より集会所まで僅か18分にして到着し、分隊士より非常に元気があったと褒められた。

昼飯を食べすぎていたので、駆け足は辛かったが、終わりまで落伍することなくついて行けたのは、自分ながら相当頑張ったと思った。

夕食後バスに入り今日の疲れを休めた。明日は日曜日だ。気も楽である。外出許されるとよいが。